韓国のウィークポイント

◯手作業を嫌う点は、要注意

日本のように、ただゲンバを礼賛すればよいものではありません。
指先で1μmの凹凸が分かる、なども。
オペレーションズリサーチが出来ることが、前提。

ただし、手作業を嫌う点は、要注意ですね。

会社の同僚に数名韓国の人が居ましたが、2名ほど、手作業を下に見るクセが、見受けられました。

技術判断を下すことが大事ですが、その前提となる材料を、体感すること。これが重要です。
 
 
◯「どうしたら?」、手作業を下に見るか

①両班意識
②財閥支配の下の適応
③旧日本支配へのアンチ?

①日本の旗本に相当する、両班。
日本は、戦争の反省から、1億総中流意識に。
韓国は、5千万 総両班意識。

文官が好まれ、実験を軽んずる文化が一部に流れる。

Samsungは、考えながらも、必要ならば愚直にデータを取りますが。

②かつて財閥支配の時代は、下請けになるよりは、大手企業に入社する方が、果実を吸いやすかったのでしょう。

③韓国併合時代に、徴用され、単純労働に就かされた反動もあるかどうか。
 
 
◯他の難点

ソウル一極集中は、地価を上げ、教育費を圧迫する副作用。

1人あたりGDPは日本の8掛け。スマホ登場後も上昇を続けるのは、米中と韓国くらい。ただし、国内のインフラストックは、まだ未整備の面も。

ストックに国富が吸われると、セーフティネットへのフローが抑えられる。

学歴社会と相まって、心理的に緊張感の高い社会に。

投資や転職などが滞る懸念は、日本と同様にあるかもしれません。

しばらくは、Samsungに代表されるORジャッジが、国をドライブしていくでしょう。

スマホが2nmで止まると、さすがにGDPはスローダウンはしそう。

なお心理的な緊張感は、韓国の文化である親族の密な関係などで、フォローされる面もあり。


(写真は、韓国ツーリング時のGS店員君)

 51 total views

コメントを残す