日韓の比較

Samsungとの共同開発で、韓国で1年半仕事したことがあります。

◯民間企業

日本の外貨の5割は、自動車産業が稼いでいる。
初任給でiPhoneが3台買えるのも、トヨタのおかげ。

そのトヨタの売上高は、GDPの6%。
韓国企業は、トヨタ比でどの程度か。

三星電子  28兆円 = GDPの11% = 2トヨタ
現代自動車 12兆円 = 6% = 1トヨタ
LG    7兆円 = 4% = 0.6トヨタ

なんと、3.6トヨタ。
電子・自動車・家電とバランス良く。

そして、オペレーションズリサーチが出来る国。
これは、伸びるでしょう。
 
 
◯学問の世界

5年ほど前の時点では、中韓台の文献は、あまり読みませんでした。物質科学の分野において。

サイエンスの分野の人材が研究室を構えるのは、もう少し後かもしれません。

バイオ・情報系が先行か。
 
 
◯日本のストックは、デザイン力に効くか?

日本は先に経済成長し、国内に製造インフラが行き渡っている。

メーカーで5S(整理=断捨離)はしてきたが、文系部門に適用できていないまま。

メリットをこれまで活かせていない。
 
 
どうしたら出来るか、の判断力は、オペレーションズリサーチの韓国の方がリード。
 
 
デザインの根幹は、ヒトの感性に響く=野生のDNA。アウトドアが土台となる。山の標高こそ低いが、アウトドアメーカーはヨーロッパにも進出するなど、互角。

 ↓
日本は、以下の3つが必要ですね/

①文系も断捨離
②オペレーションズリサーチのジャッジ
③体感


(写真は韓国ツーリング時の展望台)

 52 total views

コメントを残す

次の記事

1兆円企業のゲンバ