事業部長を怒らせない、改善の進め方

・エレベータートーク
5秒で相談。
部長の悩み事が解けたタイミングで。

・上司は、状況を把握しておきたいだけ
改善を否定するとは限らない。
改善した点を、リストアップしておけば、大丈夫。
3つほどにカテゴライズしておくと、より親切。

・上司の目的にも沿うように表現
効率アップ
利益向上
QOL向上

◯社長が言いたくなるセリフ
「うむ」
「あれはどうなった?」
「後にしろ」

 30 total views

コメントを残す