「チョコレート」- ヒロインのエキゾチック度 第1位

子を亡くした女と男が出会い、互いの穴を埋めるように、解き放つ。。。

ハル・ベリーが大人の女を演じつつ、時に老婆のような、時に少女なような表情を見せる。

哀しみ・怒り・虚しさ・許容。

多彩な表現と、静かな間。

映画には、2つのハンデがある。

監督の初見性と、大スクリーンの4隅。

アップで撮ると、巨人の圧迫感となる。

引いて撮ると、4隅がノイズとなる。

本作は、求め合う2人にフォーカスし、映画のハンデを乗り越えた。

 32 total views

コメントを残す