棺を作る – DIY葬儀②

◯銅の釘は、コツが要りそう

頭が丸く、手持ちのプラスチックハンマーで叩くと、曲がる。

銅は、色は合うが、柔らかい。

曲がった釘が、桐の穴を広げてしまう。
逸れたハンマーが、桐も潰す。
 ↓
錐で下穴を開けてから、金槌でコンパクトに打てば、改善するかも。

釘の周りに保護の板を当てるなども。

固定力を維持するために、釘の間隔は狭めにするか。

 

◯鉄のネジは、10mm離せば大丈夫

鉄のネジは、曲がらない。

しかし、太いため、釘と同じ端から5mmに打つと、桐が割れる。

錐で下穴を軽く開け、端から10mmに打つと、割れずに通せる。
 ↓
ブロンズ色仕上げのネジもあるので、そちらを試すつもり(^_^)

といったところで、父の訃報。
続きは明日に。

銅の釘 1.8 × 32mm
さら木ネジ 3.1 × 31mm

 34 total views

コメントを残す