フランスは、ポジティブなアプローチを考える

シャモニーモンブラン。

夜、通りを歩いていると、バスから大音量で音楽が。

停車中のバスの運転手が、iPhoneをスピーカーにつなぎ、好きなラジオを流していた。

ミランからシャモニーに来る長距離バスも、運転中に好きな音楽を。

結構フレキシブルなんですね。
どういう狙いか?

イタリアもフランスも、観光大国。
でも、英語はネイティブではない。
対応のストレスを、音楽で解消。
国の顔として、快く対応できるように。

サラリーは上げにくい中、GDPだけではなく、GNHを上げる方向も、知恵を出す。

◯フランスは、良いものを隠すよりも、ポジティブなアプローチを考える

GNHを上げようとして、誰でも思いつくのが、店の中に宝探しの要素を入れること。

例えば、美味しい赤ワインを、スーパーには置かず、酒屋の奥の棚に置いておく、など。

しかし、シャモニーのワインは、スーパーの750ml 2ユーロの安ワインでも、意外と飲める。 (ブルーチーズと合わせても、相乗効果は生まれませんが(^_^)

つまり、フランスは、「良いものを隠す」というネガティブなアプローチよりも、仕事中に好きな音楽を聴けるようにするなど、ポジティブなアプローチを考えている。

◯フランスは、「そもそも論」を考えられる

ワレワレ日本人も、田植えの時、歌を歌いながら作業していましたよね?

音楽が流れると、思考が一部そちらに向くので、ものを考える際は、静かな方がよいとは思います。

でも、高層ビルの窓拭きや、左官屋が、音楽を流しながら作業していても、構わないかも?

「そもそも」音楽を聴いてはいけないのか?

フランスは、そう考えられるようです/

 49 total views

コメントを残す