サイクルジャージのフルジップ化 – 機能とプロ風の両立

自転車用ジャージって、ハーフジップが多いですよね。

ツールドフランスのプロレーサーが、ジップ小。
ホビーレーサーも、真似をする。     

本当は、フルジップの方が、体温調整がしやすくて、使いやすいんですよね。登りは汗をかき、下りは冷える。

自分は、Patagoniaのアウトドア用のジャージを流用しています。

写真は、シャモニー近郊のスキーウェア。

やはりハーフジップですが、下までジップをのばして、デザインだけハーフジップに残すと良さそう。

ジップを見せたくないエリアは、右のようにフラップで隠して。

先ずは機能でデザインして、プロフェッショナルを真似したい部分は、ラインだけ取り入れる。

日本のメーカーも、そう作ると、世界で売れそうです/

 41 total views

コメントを残す