ツールドモンブランの装備⑥ – 韓国メーカーが意外と良い

◯トイレ用のスコップ
TheTentLabのスコップ。0.6オンス。

2500円ですが、欧米でも売れている模様。

日本のものって、園芸スコップみたいなものばかりで、持ち歩く気分にならないんですよね。

食器用にトイレペーパーを取り出す度に、大便を想起させるような。

こちらのデザインだと、クールなグッズとして存在してくれるという。

日本は、沢登りをターゲットにし過ぎているのか、海外でも売れるようなデザインにすると、利益も出そうですよ〜

スウェーデンでも活躍しました。

なおTMBでは、先人が草を掘り返した後が見えず、主に岩で隠しています(^_^)

◯Pack Towl Personal
普通の速乾タオルですが、カラーリングでこちらに。

お茶の水の用品店を巡っても、買い替える気が起きません。

◯トレッキングポール Helinox FL120
320gと軽量ですが、機能は充分。

550gするBlack DiamondのTrailも、振り子のリズムを生む重量と、手の中で遊ばせられる持ち手周りのデザインは捨てがたい。

◯韓国メーカーは、
①軽量化
②使って気分が上がるカラー
③食器にトイレを連想させないオブジェ感

道具として必要な機能の先を考えている。

インターネットが発明された2000年から、日本だけGDPが横ばい。高い価値をデザインし続ける欧米と、高いコストパフォーマンスで製造を担う新興国。

日本は、軽量化というスペックまでは出来ますが、その先を目指すと世界に売れるのでは?

 65 total views

コメントを残す