レーズントーストとバターも、焚き火の丸焼き肉だった

ツールドモンブラン中間点、クールマイヨール。

宿の朝食で、買ってきたレーズンパンを、トーストにしてもらう。

バターを付けると、予想を超えて美味い!

パンの皮が、フライの衣と同様に。
丸焼き肉の、焦げた皮になる。

バターが、皮の直下の脂。
レーズンの甘みが、パンに無い、肉の旨みも表現。
ほのかな酸味も、果実漬けか乳酸発酵の酸味をフォロー。

高温で高分子の自由度が増し、パンの内側が柔らかく。ジューシーな肉を再現。

振り返ってみると、フライも、焼けたフランスパンにバターを塗ったところから。

焚き火の丸焼き肉 → フランスパン+バター → フライ

例えばトンカツ屋。家庭料理との差別化で、衣が厚くなる。バリバリするだけの店がほとんどですよね。自分で作る方が美味しかったりして。

これ、厚いけれどサクサクの衣にしたければ、フカフカのパンをザックリ粉にしたらどうでしょう?

出発点。焚き火の丸焼き肉を忘れずに。

 43 total views

コメントを残す