タックル練習 ② – 足首タッチラン

少子化で、部員数が少ないラグビー部が増えている。

1年生や助っ人に、どのポジションに入ってもらうか。

巨漢とぶつかりケガをさせたくない。

ウイングに、入ることが多い。

 

◯即席バックスのための、ディフェンス

自チームも少人数で、試合慣れしていない。

抜かれては迷惑をかける、と相手を待ち構え、、間合いを与え、、かえってスピードで抜かれる場面が多くなる。

「どうしたら?」、即席バックスでもDFできるか。

 

(1) 間合いを、詰める。

(2) 相手の左右への動きに応じて、、

(3) 肩を相手の腰に当てる

 

◯練習方法 – 足首タッチラン

 

土に線を引き、

(1) 前に走りながら

(2)「右!」の声で、右足首を

(3) 右手で触る

 

頭は下がらず、腰の低い、持ち上げるタックルになる。

 

左手で、右足首を触ると、逆ヘッドになり、バランスが悪くなる。

 

「右!」、「左!」の声は、ランダムに。

 

砂に足で線を引くと、なぜか、相手をイメージして入りやすくなる。

 

◯オプション案

・縦一列で取り組み、横の反応の早さを競う

・横一列で取り組み、前に出る速さを競う

 

◯おまけ

・ヒザを残していると、相手をホーミングしやすい。

・1次DFで抜かれても、味方のフォローDFが来る。信頼して、間合いを詰めよう/

 味方は、フォロー、フォロー❗️

 50 total views

コメントを残す