忖度の再生産? アンケートを利用した国民の忖度の誘導 – コロナワクチンの例

「ワクチン接種に消極的な人が6割」

8月3日 日経新聞 1面コラム。

20-30代女性の回答とのこと。
本心ですかね???

50代から先に接種。
そう忖度するよう、誘導していませんかね?


重症化しやすい50代から接種するのは良いこと。それならば、そう政策を進める方が望ましいはず。

アンケートを、忖度誘導に利用するのは正しいことなのか?

アンケート設計者も、国民を愚民として忖度し過ぎていないか?

国民を善導するつもりが、実は忖度文化を再生産してしまっていないか?

どういう前振りを書いたのか。
選択肢はどういう文言か。

アンケートは、質問票を公開するのがデフォルトになってほしいですね〜


<追記> – 8月7日
元の調査は下のリンクのよう。
回答のくくり方が、ミスリーディングでは?

・20代の女性
①1度以上接種した/できるだけ早く接種したい 40%
②もう少し様子を見たい 39%
③あまり接種したいとは思わない/接種したくない 20%

20代の女性は、40 – 39 – 20%
50代の女性は、63 – 17 – 18%

③の、あまり接種したいとは思わない層は、20代も50代も同じ2割程度。
選択肢の選び方が、①→②と温度差があるだけで、③は選んでいない。

20代の男性も、46 – 27 – 23%
女性が特に、③が多いというわけではない。

やはり、50代にワクチン予約を譲るよう、忖度を誘導していないか?

リンク – 医療福祉大の調査結果