映画のすすめ

会社をやめ、個人投資家へ。

生計が立つ前、1日で◯00万円が消えた。

ドン底の節約生活の支えが、映画だった。

1年間で500本観ましたが、傑作が20本、名作が50本あります。

近所に無い人は、TSUTAYA DISCASで宅配レンタル可能。

 

◯映画は効率的

小説も、他の人生を生きられますが、状況説明の文字を読む必要がある。

映画は、ビジュアル1ショットで伝わり、効率が良い。

小説 丸2日

映画 2時間

 

◯文章力も向上する

起承転結だけでなく、ミドルテンポの変則的なリズムも、身体の中に息づくように。

現代人の想像力のレンジが、分かるようにもなります。

 

◯英語力も向上する

洋画を観ると、英語の言い回しに慣れてきます。

Fag it ! 

で、中指立てる以上に激怒させるなど、映画を観ないと知りません。

 

◯名画は、2回目を字幕オフで観る

名作は、2回目も楽しめます。

ものによっては、3回目、4回目も。

 

「12人の怒れる男たち(1957)」

これは名作ですが、1回目だけインパクトが強いパターン。レアケースですね。

 

1回目 字幕有り

2回目 字幕オフ

とすると、ストーリーは知っているので、字幕は追わずに済む。その分、カントクの画づくりから、読み取れるものが、増えてきます。

 

◯映画のベストオブベスト

「The Fall 落下の王国」

誰にでも薦められる、映画の中のベスト。

子役がかわいく、観ているだけで、癒されます。

自転車で五大陸を走りましたが、それ以上の風景が、ここにある。

石岡瑛子の衣装も、無国籍で効果的。

旅に出たくなります。

https://filmarks.com/movies/13755

◯1年間に500本観た中の傑作20本

https://filmarks.com/users/take8091

 66 total views

コメントを残す