1000円で女性と飲めるバー

京都は四条大宮の新宿会館。

ゴールデン街のような昭和感満載。

2階建ての雑居ビルだが、裏通りを歩いているかのような開放感がある。

 

その一角の、バーというかスナックというか。

20代の女性が接客するという感じは、バーと言えなくもない。

しかし店内は、カラオケ一本。

サラリーマン・ウーマンの歌声が響く空間は、スナック。

 

その中で、30代と思しき女性客が、しなだれかかってくる。関西の女性は、開放的なようだ。

若い時の有働由美子タイプ。

女子アナと言えなくもない。

しかし、女性は前から居る他の男性客の方に向かってしまい、こちらのテンションの向ける先に困る。

 

もう1人の女性客、40代と思しき方が近くに来る。

こちらは同僚たちとグループで来ており、ハメは外さないだろう。

しかし、目の前の黒タイツが誘っている。

いやらしくならないよう、スカートの上からポンッとたたく。

おとがめは無かった。

会話を続ける。

関西の女性は、おおらかなようだ。

 

しかしカラオケは、ラクなんでしょうね。

複数のグループに気を使わず、スタッフ1人の合いの手で済む。

客の側も、たまに歌うとストレス発散。

聴く側も、さほど悪くない。テレビの歌番組は、することが無い時に、時間が程よく過ぎてくれる。紅白のように。

全員で歌えば、聴いているだけの時間も生まれない。

日頃、言いたいことをよほど言えていないのか、と勘繰る必要もないか。

1000円で飲めるバー、そこそこおすすめです。

 39 total views

コメントを残す