大文字山 – 徒歩20分の大自然

京阪出町柳から、今出川通を東へすすむ。

疏水と哲学の路をすぎ、銀閣寺の参道をのぼる。

土産物屋にかこまれ、一種の京都らしさを感じながら、銀閣寺の正面につく。

ここで左にそってすすむと、大文字山への登山道になる。

片道20分あまり。

ちょっとした散歩で、京都市街を一望する展望をあじわえる。

 

あるきはじめて2~3分、左の脇に水場がある。

沢ガニや鹿に出会うこともある。

この水でコーヒーをいれると美味しく、学生時代は時々くみにきていた。

今は、京都の水道水も向上しているかもしれないが。

 

途中で左側への分岐を何回かとおりすぎながら、道なりに歩をすすめていくと、20~30分で展望台にでる。

大文字山の「大」の字の火床になる。

ここも広々としているが、余力があれば、もう10分あまり歩いて、大文字山の山頂へむかっても良いだろう。火床の左脇からのぼっている。

学生時代は、トレーニングとして、自転車部のメンバーとはしってのぼっていた。

 

展望台までは数えきれないほどきたのだが、この山頂への道があることは、今回初めてきづいた。

人とつるんでいると、人の方に関心がいき、発見力が低下するようだ。

また、周りの人間がそこにとまっていると、その場にいることが肯定され、その先をめざさなくなる。そんな副作用もありそうだ。

 

なだらかな山腹をアップダウンし、10分ほどで山頂につく。

南の山科側まで目にはいる、もう一つの展望がある。

ベンチもあり、ここでコーヒーをいれると最高だろう。

 

先客がいて、あいさつから話がすすむ。

昨日、京都の被差別部落、東九条、トンクにいってきたことをはなす。

やはり、昔は差別があったそうだ。

大企業の人事からも差別をうけ、そういった方の中には、港や肉屋につとめる人もと。

伝染病への懸念が、血へのおそれとなり、皮革業者への差別と転じて固定化されただけなのだが。

今回はなしたのは、60代とおぼしき方。40年前、1980年代にあったとすると、近代化した最近のことともいえる。

山であった人には、山以外の話をすると、面白いかもしれない。

 

下りは、男性の先導で、北側のバリエーションルートをくだる。砂防ダムや、もう一つの水場など、裏山なのだが、ちょっとした探検気分も味わえる。

銀閣寺におりると、ちょうど日も暮れはじめてきた。夕食でも、ときくと、用事があるとのこと。ワタシは哲学の路へすすむ。ふと、きいてみたいことをおもいつき、後をおうと、肉屋の角をまがり、姿はきえていた。

 33 total views

コメントを残す