トヨタカンバン方式の再発明

父が亡くなり、死後の手続きが多数発生。

・郵便物の処理
モノを見て、順に片付けていくのは、ラク。
短期メモリーを浪費せずに済む。

・トヨタの生産
生産目標、という抽象的な数字に合わせるのは、余計なエネルギーを要求する。

カンバンという札にすることで、サバを読んで生産することから解放してあげる。

その結果、中間在庫が減る。
大きなクルマが、高価な土地を占める、という費用がなくなる。

金額は大きいが、トヨタのカンバン方式も、郵便物を順に処理していくことと、同じ/

 

◯カンバンの効果

・カンバンが迫っていないと、
「他の仕事でもやるか」

カンバンが減ってくると、
「そろそろやるか」

四六時中緊張が続くこともなく、ミスも減る。

 

◯作業ムラは、人手を減らすより、早く作業することで改善

人手を減らすことを目標とすると、、、
現場から、「あいつら敵だ」となる(^_^)

早くすることは、反感は買わない。

そこで、トヨタの新人は、ストップウォッチを持って、作業時間を測ることになる。

 

◯新人の方が、改善できる

ベテラン管理者の危険性
現場  「それはムリですよぉ〜」と言い訳に
管理者 「そうか、ならば仕方ない」と、現状維持に。

新人 「もっと早く出来ませんかね?」
現場 「無茶言うねい!」
新人 「例えば、、、こうしたら?」
現場 「アホか!そんなことも知らんのか」

となることも多いが、、、たまに

現場 「それは、、、、、、!!💡、、、こうした方がエエやろ。これでやってみるか」

となることがある。

 

◯トヨタのやってることは、郵便物の処理

だが、人の心理に沿っている。

あとは、部品メーカーを、買い叩いていなければ (^_^)

 29 total views

コメントを残す