ピロリ菌検査: 精度の低い手法をなぜ残す?

胃がんの99%に見つかるピロリ菌。その予防検査と洗浄は、医療費削減のためにも重要。

         感度   
①便中抗原検査  96 – 100
②呼気試験    95 – 98
海外では、上の2つが常識。

日本では、以下も残る。
③鏡顕法     88 – 99
④迅速ウレアーゼ 85 – 95
⑤抗体      85 – 96

便中抗原検査は、Amazonで3900円で買える。

鏡顕法は、内科医の胃カメラ作業が必要。
医師の診療費確保のために、感度が低くても、未だに続けているのか?

◯厚労省は、どうして変えないか

日本医師会。
自民党に対して、それ程影響力を持っているのか?

「おばあちゃん、自民党はダメだよ」
「胃カメラを保険から外しちゃったんだ」
と診察室で言われることを、怖れているのか?

自分は、診察室で選挙がらみのことを言われても、特に影響されませんけどね〜

もともと影響力は持っていない
 ↓
いつも自民党が勝っていた
 ↓
接戦の際に、、、日本医師会のおかげと誤解

こんなところじゃ、ないですかね?

(胃がんの99%にピロリ菌。ピロリ菌検査、おすすめです/)

 32 total views

コメントを残す