「哲学ってどんなこと」

トーマス・ネーゲル著。

実際の生と深く関わる哲学的な問題を、日常的な言葉を用いて読者に考えさせる。

短い章を考えながら読み進める中で、読者は哲学の根本問題へと導かれる。

古今の哲学思想を思想として勉強することよりも、このほうがずっと哲学することになる。

図書分類では「哲学書」に分類されるが、ものごとの根本から自分で考えるよう誘われる。

自明な答えの存在しない、倫理的な問題に関心を持つ人など、得るものがあるだろう。

また、論理の底から考える力も養われるので、「考える」ことの必要性を感じている人は、参考になるだろう。

 64 total views

コメントを残す