おかしな上司のかわし方② – 3面広告

フランス ラスコーへ向かう道。
面白い看板に出会う。

△形のバーが並ぶ、1枚の広告。
数秒おきにバーが60度回り、広告が変わる。     

これ、おかしな上司をかわす方法に、最適ですね/

 

◯言葉は、あらかじめ決まっている

上司のいつもの話。
時間のお知らせ、競合、エクスキューズなど。

上司もカンバンと思うと、気楽にかわせます/

 

◯看板を、こちらが手で回しているとイメージすると、さらによい。

受け身ではなく、能動的に、かわしている感覚に (^_^)

 

◯ドアノブを回す動きも。

ナウマンゾウを槍で突いて、先端を捻り、失血死させる。

本能に根差した動きをイメージすると、さらに効果的。

 

◯DUV-LEDを研究開発した際。

取締役に、苦労しました。
そこで黙らずに、しっかり異を唱えることが出来たからこそ、成功した。
2年後にノーベル賞。

カンバンのイメージ、結構おすすめです/

 35 total views

コメントを残す