エゴン・シーレ

美術書をチェックしに、代官山 蔦屋書店へ。

Taschenのベーシックアートシリーズは無かったが、良い本に出会う。

エゴン・シーレ。
名前だけは聞いたことがあったが、なかなか良い。

藤田嗣治や奈良美智にも通じる、繊細な描線。水彩も多いそう。それでいて、人物の中には、エネルギーが秘められているような。

 

◯Taschenのベーシックアートシリーズ

iPhoneのアイコンのような、ポップな正方形の装丁。

ダヴィンチ・ゴッホ・ポロックから、ギーガーまで揃う。

仏語版だと、読めないので、アートに集中できる。

とても良いシリーズ。

 

◯サブスク移動図書館モデル

丸の内のデザイナーやCEOに紹介したいくらい (^_^)

今度100〜200冊ほど個人輸入して、サブスクで提供しようかなどと、妄想中。

「週980円で借りホーダイ」

東京駅の店子街で。

JR千葉駅は、売上の16%が出店料。
月額固定賃料ではなく、売上が少ない場合は払わなくてもよい。
意外と優しい体系 (^_^)

どうですかね?

 30 total views

コメントを残す