自宅で出来る、クオリアの実験

「ワタシの見ているアカと、他の人が見ているアカって、違うかも?」

子供の頃に誰しも抱いた疑問。

🥩血の赤 の痛み
🔥火の赤 の熱さ
🌇夕陽の赤 の闇への怖れ (と安堵感)

生物・物理的に根差したもので、
誰しも同じように見えている、
と考えていました。

ところが3日前、赤い炎が、
瞬時に青に見える現象を、発見しました/

 

◯赤🔥が青🌊に入れ替わる視覚処理

七輪と豆炭で、実験できます。

①豆炭を、ガスコンロで着火
網に乗せ、1分ほど。
 ↓
②七輪に、自転車のスポーク状に、垂直に立てて並べる
 ↓
③真ん中に、1個水平に置いて、フタをする

 

◯部屋の明かりを消すと

見ているところは赤いんですが、、、
周りの炎が、なんと青く光る。

青い光を見ようとすると、
その瞬間、赤く逃げる (^_^;

代わりに、もとの赤い光が、青に変わる。

それが、いったり来たりする。

 

◯「アカ」も、ヒトの脳が作った信号

動画の文字通り青い炎とは、別の現象です (^_^)

 

◯どうしてこうなるか?

モデル仮説(A) – 「黒地に赤は、要注目」

忍びよる敵の松明か、闇夜に辿り着いた集落か。

肉食獣の咆哮か、ナウマンゾウを突いた出血か。

豆炭の赤い光は、、、
暖をとる、夕陽のように好ましいもの。
 ↓
同じ、黒地に赤でも、
アラーム信号を出す必要はない。
 ↓
そこで、青く中和するよう、視覚を処理しているのでは?

そう、進化した。

ヒトが、火を使い始めた頃。

火を、恐れぬように/

【豆炭は、ホモサピエンスが火を得る記憶】

 

◯豆炭性は、どう感じている?

激しく揺らぐ炎だと、見えにくい。
山火事の危険性も感じているか。

炭の光は、貴重な木をゆっくり燃やせ、4m四方の住居🛖の暖をとりやすい。煙も少ない。

落ち着いた光と、
暖かさを感じると、
この現象が発生するのかも。

 

◯豆炭を好むよう進化した、もう1つのモデル

マンモスを追う、100kmの追跡行。

ビバーク地で、火を起こす。

摩擦で火種は出来るが、生木は燃えにくい。

つなぎの着火剤として、炭を携帯したかも?

 

◯豆炭が、ゆっくり燃える理由

豆炭は、軽い火でも着火する
 ↓
灰が巻き上がらず、表面に膜が残る
 ↓
酸素の供給が絞られ、ゆっくり燃える
 ↓
その一方、灰はフカフカで、一定のペースで燃え続ける。

 

◯実験のコツ

七輪にたまる、灰の量もポイントっぽい。

買ったばかりの状態だと、豆炭が底に位置し、酸素の回りが少ない。

何回か焼肉を続け、灰がたまってくると、豆炭が上の開けた口に位置してくる。囲炉裏状態。

周りから酸素が供給され、光がハッキリ見えてくる。

七輪の口まで高くなると、赤外線が脇に逃げ、温度が下がるよう。

豆炭の上端が、七輪の口の少し下くらいの時、この現象に出会いました。

 

◯線香花火も見える

暗い部分に息を吹きかけると、、、

線香花火のような、火花も飛び散ります/

・推定メカニズム

暗い部分は、燃焼が穏やか。

灰が積もらず、黒い炭がむき出し。

息を吹くと、炭の粉が弾ける。

熱と酸素のある領域に飛び、一気に燃える。

それが、線香花火 (^_^)

 

◯七輪で毎晩焼き肉すると、細マッチョになる

毎晩コメ抜きで、10日間焼き肉。

安価な豚タンと鳥ムネなど。

筋トレなどしていないのに、
腿やふくらはぎが、高木選手のようななっている(^_^)

七輪、おすすめです/

 

◯毎晩同じ料理を作ると、発見できる/

日替わりだと、、、
次の週に、前週と同じレシピを参照するだけに留まる。

毎晩同じ料理を作り続けると、、、
少しずつ変えて、実験できる。
同じつもりでも、違いに気づく。

・朝食も同じで、大丈夫

一晩寝ると、リセットします。

昼食だけ、他の食事を挟めば、飽きずにイケます/

 

◯女性は、男性の好物を作らない方が良い

女性 「何がイイ?」
男性 「いつもの!」
(生姜焼き、トンカツ、豚汁)

前回のレシピを参照するだけに (^_^)

 

◯七輪 = シンデレラ = アッシリア

カマドの灰かぶりと、鉄の王子の、

ガールミーツボーイ(^_^)

この話は、後ほど。

 65 total views

コメントを残す