ヒトは、何を美しいと感じるか – ショウガラゴとスローロリスで、ダンス甲子園へ行ける

おととい、コウモリの赤ちゃんを保護。

見よう見まねの育て方の確認に、千葉市動物園へ。

目当てのコウモリは寝ていたが、
隣のショウガラゴとスローロリスが、面白い。

 

◯ショウガラゴ

床から突然、3mの高さへジャンプする。

石の水切りのリズムで、細い枝を渡っていく。

(ヒトが、4cm幅の床板を落ち着かなく感じるのは、乗ると落ちて骨折しそうだから)

 

◯スローロリス

清掃のための蛍光灯。
夜行性のため、1匹は天井の隅に怯えていたが、、、

もう1匹は、ゆったりと連続的な動きで、じわりと木を潜る。

舞踏家、田中泯のよう。
映画「八日目の蝉」では、終盤のピンポイントだが、異様な存在感。

ペナルティのワッキーのような、ユーモラスさも。

 

◯ヒトは何を美しいと感じるか? – カロリー最小の原理

冬の6ヶ月。
保存食は限られる。

あるいは、100kmの追跡行。
ナウマンゾウの腹を突きネジり、失血させ倒す。
やはり行動食は限られる。

また、朝食後、高い木を繰り返し登り、果実をもぎ取る。

出来るだけ、無駄な動きを控えるように。

それが出来る狩人や木登り女性を、魅力的、と感じるように進化する。

 

◯女子のふくらはぎだけでなく、裏腿に筋肉が見えると、キュートですよね。

ニーハイの絶対領域も、裏腿の筋肉の成分がありそう。

スキニージーンズの裏腿に、明るい布を当てては、どうなるか?

腿前ではなく、後ろ側を色落ちさせたり。

 

◯小学校のポール登りのムズムズも、木登りのインセンティブ(^_^)

女子も、感じるんですかね?

 

◯野生動物は、ムダな動きをしない = 美しい

小学校のダンスも、アメリカの都市黒人の真似ではなく、動物に習ったら?

ダンス世界選手権で、特別賞を獲得できるかも(^_^)

 

◯ロボットダンスは、不自然な動き。

・ビートたけしの、肩揺すり。
 決まった動きしかしない現代人の、自己マッサージ。

・血の濃縮を避けるための、異部族に惹かれる成分。
 ジョジョの斜めのカラダ。

・見慣れない動きをする生物への、アラーム感。

・動きを獲得する過程の、赤子の動き。
 産まれたばかりの子鹿のような、マジラブも。

・あるいは、獣が斃れる際の、Bダッシュ感か。

 

◯あらためて

小学校。

アメリカの都市黒人をマネすることから、卒業しては

 54 total views

コメントを残す