ツールドモンブランの装備④ – 鉛筆とコピー用紙のススメ

旅の記録に持ってきたのが、A5 30枚のノートと、プラチナのPress Man 0.9mm。

シャーペンですが、芯が0.9mmと太く、鉛筆の書き味で、筆が進みます。

◯筆記具探求の行き着いた先
一時期、筆記具を探求しました。
万年筆はLammyのStudioから、ボールペンはブルーブラック色のFriction 0.5mmまで。

行き着いたのが、100均の鉛筆と、A4のコピー用紙。

指のサイズの文字の大きさで、自由に考えを書き足していくスペースがあります。

Lammyのスクリブルも、ハイスピードで書きなぐってゆくのには向いていますが、なぜか鉛筆になりました。

なおハイスピードで書きなぐっていく作法は、以下の本にあります。

「0秒思考」

サラッと読める割に、一度試してみると、効果が感じられる。おすすめです/

 38 total views

コメントを残す