ツールドモンブランの装備① – ザックの効果

昨年のスウェーデンから、3kgの軽量化。
12.3kgから9.3kgになると、世界が変わりますね!
修行から、デイハイクの感覚に変身します/

①ザック変更       -850g
②トレッキングポール無し -540g
③ガイドブック無し    -420g

どちらもトレーニング無しで直行。
クングスレーデンでは、最初の3日間は修行。
小雨続きに加え、ラーメンが合わず胃腸の不良も重なったこともありますが(^_^)

今回は、タイムこそコースタイムの2割増しなのは同じですが、デイハイクの感覚に近づき、学生時代の縦走のよう。

①1番効果が大きいのが、ザック
Dana Designから、Granite GearのCrown 2に。
60Lありながら、1100gと軽量。Backpackersマガジン社のエディターズチョイス賞も納得。

Danaは、腰骨に引っ掛ける背負い方ができ、非常に背負いやすかった。
ウエストベルトがしっかり作られていて、背中にフィットするGregoryよりも、背負いやすい。

重たいレジ袋も、手のひらを前に向けて持つと、肘関節が伸びて、肩の骨で引っ掛ける形になり、ラクになりますよね。重量物は、骨を使うと、ラクになる。

Crown 2は、ウエストは他のメーカー同様の細さで、背中のフィットもGregoryほどではないが、総合的な軽さが補う形に/ 肩は少し痛くなります。

◯Crown 2の改善点
改善点として、殆どのコンプレッションベルトと、それを縫い付けているマチは、切り取っても大丈夫そうです/

Deuterなどの、テニスラケット状の背中も、良いですよね。自転車用だけでなく、ハイク用もあります。

Danaの腰骨と、Deuterのフィットを、Crown 2の重量で実現できると、売れそうです。

腰骨へ引っ掛けるには、硬いプラスチックで外形を作り、身体への当たりだけソフトにすれば。

テニスラケットは、現状の背中のパネルを外して付け替えれば。

mont-bellさん、TMBモデルとして作ってくれたら、買いますよ〜

 54 total views

コメントを残す