ヨーロッパが石造りの理由

ツールドモンブランを歩くと、板状に剥離する岩の地層によく出会います。

鉄器が無くても、岩どうしをぶつければ、適度なサイズになりそうな。

 

家の屋根にも、薄い石の板が、瓦のように載せられています。

地震が少ないと、圧死のリスクが減るのでしょう。

 

建築途中を見ると、周りにヤグラを組んで、置いていくよう。

つなぎのセメントがあれば、簡単に作れそうです。
石灰と粘土に、水を足すと固まる。

セメントは、9千年前からあったそう。
鉄器のさらに5千年前から。

ギリシャやローマの石造りも、自然なものと思えてきます。

 57 total views

コメントを残す