ショートパスタのすすめ

アルプスで初キャンプ。

おすすめは、ペンネに、キューピーのパスタソース。

 

◯ペンネだと、100g分のソースで200g食べられる。

太いペンネは、麺よりも表面積が小さい。舌の味覚センサーは、濃度を感知する。表面積が小さければ、少量のソースでも、味の濃さは保たれる。

 

◯ペンネはまた、茹で加減を気にしない。

パイプ状の構造自体が、バネのように弾力を生む。少量の水で、弱火で茹でても、アルデンテを気にせずに楽しめる。

 

◯ラーメン?
ラーメンも、調味料は意外と重量がありますね。
パスタソースは、25g程度から。

 

燃料消費を気にする向きには、早茹で3分のパスタも。

パスタを水に漬けておくと、茹でずとも食べられます。さすがに味は、うどん粉のような別物になりますが。

 

塩ラーメンは、自分の腸内細菌と合わないよう。近年は腹の調子が悪くなる。

編み出した策が、ショートパスタ。
トップバリュやバリラなど、日本で食べたブランドなら大丈夫。フランスでも合わないものもありますね。

 

◯おすすめのパスタ ソース
・キューピー  たらこバター
・キューピー  バジル
・S&B     からし明太子
・オーマイ   ガリバタ醤油
・トップバリュ ペペロンチーノ

家では、ワサビ、黒オリーブ、塩辛、オリーブオイル、チリなどを合わせると変化を楽しめます。

 

トップバリュのペペロンチーノにチリペッパーで、カラムーチョ味にもなりますよ〜

 91 total views

コメントを残す