カタール航空のマークに見る、文字の起源とBMW

ドーハ着。カタール航空のマークが美しい。

エヴァ絵と異なる、力強い線。
竹のフデで描く、アラビア書道から来ているのでは?


アラビア語は、右から左へ書く。
これは、楔形文字の名残り。
右手で彫刻刀を持ち、石碑を彫る。
だから、右から左へ書く。

中国は、筆を発明した。
そして、右手で寝かせた筆先が滑りやすい方向へ、向きを変更した。

だから漢字は、1文字の中で、左から右に書く。
アルファベットも、文章単位で左から右に書く。
ギリシャ文字のαなど、右から彫る名残もあるが。


アラブは、なぜ筆文化にならなかったのか?
エジプトで、万年筆を発明してもいるのに。

砂の上に、指先で文字を書いたのでは?
砂漠のキャラバン。
交易品の価格交渉などをする。
砂漠では、紙も羊皮紙も貴重品。

右の人差し指で砂を彫ると、竹のペンで彫る動きが保存される。


ドーハに展示されるBMWのサイドのくびれ。
剛性アップ、鳥の羽、彫刻刀、磨製石器の彫り。

シンプルなデザインが好きですが、根拠があると、納得感がありますね。

彫刻刀で彫る快さ。
Bダッシュボタンを押す楽しさ。
中国の50万円EV宏光Miniも、アクセルにBダッシュ感を取り入れている。

日本のデザイン、任天堂の宮本さんに任せてみてはどうですかね〜

 42 total views

コメントを残す