草が江ヤングラガーズ – 福岡県優勝のラグビースクール

草が江ヤングラガーズ

福岡県大会優勝の、ラグビースクール。

筑紫高校の後、訪ねると、土のグラウンドに、賑やかな声が。

 

◯練習方法、を伝えている

東福岡高校は、「スキル」を伝えている。

それに対し、福岡のスクールは、練習方法を設定し、その中で、効果的なスキルを「発見」してもらう。

どちらが、身につくか (^_^)

 

◯ランパスの例

数人が横に並び、走りながらパスを回す、ランパス。

30年前にもあった、古典的な練習方法。

そこに、ひと工夫ある。

 

ランする距離を短く詰め、パス回しを早くするよう、誘導。

クイックパスが、自然に身につくように、なっている。

 

教え方の3つのレベル。

以下のリンクを、最後まで確認ください/

 

A スキルを、教える

B 練習方法を、伝える

C 練習方法を、アジャストしてもらう

 

 

◯年配のコーチの声が、うるさい

中学生のエリアで、アニマル浜口のような、気合いを入れるだけの声が響く。

若手の代表は、年配のコーチに気兼ねしているのか、野放し状態。

ここは、もったいないですね。

 

◯千葉の佐倉市ラグビースクールも

幼稚園児は、楽しそうに鬼ごっこ。全身で、喜びを表現しながら、走り回る。大きなボールをパスする手も、全力。

 

小学校低学年は、タッチフット。鬼ごっこよりは、まとまってくるが、まだ楽しそう。

 

FWプレーに入ると、一気にコーチがうるさくなってくる。

言葉で説明するよりも、、、

① 2つの身体使いを実験してもらい、

② 体感して良い動作を採用する。

方が良い。

 

アタックアンドディフェンスでは、コーチの大声を浴びないように、形だけ走っているのが、外からでも分かる。鬼ごっこの喜びは、どこに消えたのか?

FWプレーが混ざる高学年になると、スクールを辞める子も居る。昴ちゃんと大樹君は、力強い、将来有望な子だが、来年から水泳をやると (^_^)

 

◯グラウンドは、芝生ではない

芝生の方が、滑らず、ダイナミックな走りが身につく。

コンタクトも、思い切ってプレーしやすい。

次代の松島を育てるなら、人工芝も (^_^)

 

現在240名在籍し、50周年。

OBからの寄付で、ある程度賄えるとよいですね。

 60 total views

コメントを残す