クングスレーデン: 蚊対策 – 虫よけ帽子

クングスレーデンは蚊が多い

クングスレーデンは蚊が多い。テント場や休憩で立ち止まると、たちどころに取り囲まれます。慣れるまでは、虫よけ帽子があると、落ち着いて過ごせます。

おすすめの虫よけ帽子

帽子のツバの外側にネットがついていると、顔とネットが接触せず、虫に刺されずに済みます。

またネットは暗い色の方が、光を反射せず視界を妨げないと言われています。

おすすめの虫よけ帽子: モンベル製バグプルーフハット

虫よけ薬の効果は限定的?

現地の虫よけ薬が一番効果的かと思い、山小屋で虫よけ薬を購入しました。天然のペパーミント(ハッカ油)と、化学薬品入りのものとあり、効き目の強そうな後者を使用しましたが、効いているのか効いていないのか不明でした。虫よけ帽子の方が、効果は大きいです。

意外にも虫よけを使わないスウェーデン人

ただし意外にも、現地で虫よけ帽子を使っている人は、2~3回しか見かけませんでした。山小屋の人も、帽子も虫よけ薬も使っていない、と言っていました。虫よけ帽子をかぶって歩いていると、他のハイカーから、「外したら?No Problem!」と言われました。

スウェーデンの蚊は、サイズは大きいのですが、刺されてもほとんどかゆくありません。刺される際に、たまにほんの少しチクッとするだけです。動きも単調でにぶく、テントの中では容易に叩き落せます。

私も1週間の旅の後半には、スウェーデン人の心境に近づき、虫よけ帽子や虫よけ薬を使わなくなっていました。

蚊の多いエリア、季節

蚊は、標高の低い樹林帯で多く、風のある森林限界の上では少なくなります。季節的には、気温の下がる8月下旬から9月にかけて減るとも言われています。私の場合、7月16日にAbiskoに入り、7月23日にNikkaloktaに抜けましたが、慣れるまでの2日間は大変に感じました。やはり虫よけ帽子を持って行くことをおすすめします。

 

クングスレーデンのまとめ情報はこちら。