Taschen Basic Art ⑨ – ヤン・ファン・エイク

下の絵、赤と青が映える。

焚き火の赤と、漆黒の青。

 

実は炭火には、赤が青く見える現象がある。

山火事と異なり安全。

ヒトが怖れないように、青とマスクするクオリア。

 

右上の青い服を着た天使は、このことも表現していたりして?

鎌のようなモノを持ち、冠を取る。

ヤン・ファン・エイク 宰相ロランの聖母 1436頃

 

◯ダヴィンチは、上に青、下に赤とした

男性の股間と、女性の頭部のオレンジへとしながら。

右手の甲は、ふくよかな胎児のよう。

ファン・エイクを見たのかは分からぬが、いずれにしろ、モナリザという1人の女性の好ましい姿に統合した。ダヴィンチの功績。

モナリザ 1503〜1519年頃

 

◯ヤン・ファン・エイクは、ルネサンスの先駆け

東ローマ帝国が滅ぶ際に、イタリアへ知識人が流出。

ルネサンスを後押しした、と言われている。

東ローマ帝国の滅亡は1456年。

ロランの聖母は1436年。

東ローマの衰退は段階的に進行していたとは言え、ルネサンスを先駆けたと言えるだろう。

 53 total views

コメントを残す