Taschen Basic Art ③ – ドガ

ヨーロッパの浮世絵趣味と言えば、1867年のパリの万国博覧会。浮世絵が出品されてから。

それ以前に、日本画は、ドガの背景に現れていますね。

◯背景の緑が、右肩を侵食しているのは、、、

モナリザの右肩の地が、タバコの煙か万年筆のインクの形であることと、呼応している。

◯難しい緑を活用

ヒトの眼は、緑にシビア。

食べられるレタスか、傷んだレタスか、見分けるため。

以下の緑は、目に優しくなる方向。

A ペールトーン → 落ち葉としてニュートラル

B 光沢感    → 木漏れ日としてプラスに

ドガは、Aを活かしている。

 39 total views

コメントを残す