情報のアウトプット方法 – KJ法

文章力は、研究力にも仕事力にも、効いてくる。

研究費をゲットする際、良い構成で書けていると、審査官の胸に響くだろう。

上司に企画案のプレゼンを通す際も。

なにより、良い構成にする過程で、自然と抜けが見えてきて、研究や企画自体がブラッシュアップされる。これが1番大きい。
 
 
①KJ法が、おすすめ。

KJ法は、京大探検部出身の地理学者、川喜田二郎氏の頭文字から。

②カードに書いて、並べ替える

書きたい項目ごとに、カードに書き、並べ替える。

厳密なルールがあるというより、各人のステージに合ったやり方で、大丈夫/

③最初に0秒思考を

カードに書く前に、A4コピー用紙に吐き出しておくと、良いでしょう。

付箋カードサイズの枠に、思考の枠まではめられないように。
 
 
やり方は、0秒思考がおすすめ。

コマツ出身の赤羽雄二氏のアウトプット作法。

・A4コピー用紙を横向きに
・1分間で4〜6行書き出す
・1日10枚ほど

ワタシはそこに、魚の骨状に、コメントを足していく。マインドマップの小さい版。
 
 
この辺りのやり方は自由で、ポイントは、付箋の大きさで枠をはめられないこと。

付箋を増やしていくことで対応できますが、掘り下げた注釈コメントを書きにくくなってくる。

水平に広がることはできるが、掘り下げにくくなる。それを、A4横向きでカバーする。
 
 
④メリット

(1) タイルのように並ぶカード。
パーツとなるタイルを、しっかり作るようになる。

(2) 各タイルがしっかりしていると、順不同でも理解可能になる。さまざまな構成で、仕上げることが出来るように。
 
(3) PCに頼らず、構成を試行錯誤する。ディスプレイの中の断片的な文章ではなく、テーブルの上に全体像が見え、最適なレイアウトが浮かび上がる。
 
 
⑤探検との親和性

地理学者の川喜田二郎氏は、京大探検部出身。

もともとマッピングというものに、興味があったのでしょう。

そして、既存のマップを完成品と見ず、埋めるべき空白を見つけ出すココロ。

好奇心 → 空白を見つける研究力
体感力 → 本質に根差す研究力

研究力を上げるため、KJ法、おすすめです/

 75 total views

コメントを残す