触感は、筋肉に沿って、濃淡がある

筋肉の鎧の上は、鈍感。

凹みの方が、敏感。
 
 
「どうしたら?」、こうなるか。

藪を歩く際、体の両側には、枝が当たる。

ただの草や枝として、無視するように、感度を落としておく。

身体の内側には通常は触れず、敏感なまま残しておく。

こういうことでは (^_^)

 37 total views

コメントを残す