東京弁は、土着の言葉を失った人

江戸の町人の人口は、50万人。
武家僧侶人口が、50万人。
 (出稼ぎ人口が、50万人とも)

小役人の言葉。

・現在は、1000万人。
明治初期は50万人。
95%が、よそもの。

土着の言葉を持たない人たち。

土着の言葉を持たない、小役人。
銃に相当する、刀だけは帯びている。
激昂しないように、さらにご丁寧になる。

建前社会に。

①土着の言葉を持たない
②小役人
③衝突を避ける

 30 total views

コメントを残す