選手主体の(時短)練習で花園へ

1学年 男子80人、スポーツ特待なしの高校が、2018年~2019年と2年連続花園出場/

静岡県の聖光学院。

真の骨頂は、「選手主体」というところ。

全体練の時間の中で、選手各人が、自身の課題を考え、そのための練習方法を発案し、取り組む。

週に1回、ノートに書いて「コーチ」に提出。

これ、県千葉が進む道と、一緒じゃありません?

見てみたい方がいましたら、ご連絡を。
幕張の蔦屋書店にも、在庫が1冊。オススメです/

 

◯「時短練習」の補足

「冬は60分、週3日の練習で花園へ」

ただし、中高一貫で、6年間経験している。
ラグビー経験値は、2倍の週6日に相当 (^_^)

ウェイトは他でやっているみたいなので、60分という時間も、~2時間に相当します。

 

◯寮もある

通学時間分、ラグビーを考えることが出来る。
自炊の手間もかからない。

県千葉も、下宿をすると、手抜きグルメを通じて、自分の身体と対話するチャンスが増すかも?

 

◯サッカー王国 静岡の代表

流経大柏とは10対50くらいの点差なので、千葉県の準優勝校クラス。

県千葉の、一つの参考になるかも?

肉食えば、柏食うなり、銀杏並木、なんて (^_^)

 55 total views

コメントを残す