タトゥーならトライバル & 赤土ペイント

自宅から100メートルのところに、タトゥー屋がある。

ハーレーが何台も飾ってあり、昔ブイブイ言わせたOBが、集っている雰囲気。

 

◯海外は、日本より、タトゥー率がありますね。

ツールドモンブランで会ったカワイイ女子も、タトゥーを入れた子が居ました。

しかし今の日本で、娘が入れることに賛成する親は居るのか。

結婚対象の働き盛りの男子が居るとして、半分の男子から、スルーされてしまいそうな (^_^)

 

◯モロッコの赤土ペインティング

モロッコの赤土を塗ると、数週間持続する。

消えたら、また異なるデザインを描ける。

身体にキズを付けず、リピーターも増える。
Win – Winでは?

 

◯デザインは、マオリのトライバルで。

トライバルは、永年親しまれてきた紋様。

NZオールブラックスのマオリのタトゥーは、第二の筋肉とも。

右手の模様にアラがある場合、左手を彫る際に、フィードバックする。

1代30年、3代100年で、ほぼ全てのアラは、取り除かれている。

だから、トライバルアートは、目に優しい、目に馴染む。

 48 total views

コメントを残す