小説も横書きに?

病院の待ち時間、そこに置いてある本を読む。

縦書きを読もうとするが、目は左右についており、何回も同じところに目を通す。

小説は、横書きにすべきでは?
とまで思う。

ラストで、その考えを改める。

◯ラストの転調

「はかなげ」の一語で転調する。

ドライで理知的な設計から、切なさへ。

縦書きの日本語が、4行先のラストのセリフを目に入れさせる。

残りの行が、メープルシロップの染みたパンケーキのような味わいに🥞

「あざと上手い」とでも言うか。

ま、空いた時間の小説。

作家の手のひらの上で踊る方が、楽しいか。

 29 total views

コメントを残す