「アイデアの作り方」

◯アイデアのひらめき方を、愚直に記した本。

常にその問題のことを考え続けること。
すると、風呂の中など、少しリラックスした瞬間に、答えが浮かび上がってくる。ユーレカ効果とでも呼ぶか。

アルキメデスが、湯船に入る瞬間に、金貨の見分け方を閃いたように。

◯複雑な問題を、脳細胞で考え続けると…

その複雑な構造が、例えば1つの脳細胞と結びつく。おばあちゃん細胞のように。

すると、今度はその脳細胞と、他の回路の相互作用を試すことが可能になる。

やがて、その脳細胞の解が得られるようになる。
それを知らせてくるのが、ユーレカ体験。

 40 total views

コメントを残す