人類が、火星にアルバム1枚、遺せるとしたら? ①

グレン・グールドのゴルトベルク変奏曲(1981年版)。

スタッカートの効いたスキップ感が心地好い。

バッハによる原曲は、1つの主テーマを32変奏する、数学的ともいえる曲。

グールドは1音1音クリアに厳密に弾いているが、ジャズのような即興感に溢れている。

強弱のイントネーションが、巧みなのだろう。

スキップと同時に、一歩ずつ踏み締める強さ、カール・ルイスの走り幅跳びの高揚。ヒトが歩き走る喜びの全てが詰まっている。

ピアニストだが、自らに対する指揮棒を振っている。
グランドピアノというホールの、コンサートマスターとして。

グールドの右指と左指は、もはやグールドの意志を離れた、ピアノの精、妖精に。

1音1音の音の形は、スタッカートでクリアになっているが、その見た目にダマされては、グールドを、ただの傑作と過小評価してしまうだろう。

 45 total views

コメントを残す