ポイント制度を断捨離しよう/

駅ビルの成城石井。
毎度、ポイントカードをお持ちですか、と聞かれる。

実は、ビジネスパーソンの時間コストは、1秒=1円。

ポイントカードを探し出す
→ スキャンする
→ カードを返却
→ しまう

これだけで、数十秒=数十円かかる。

一方、ポイントの割引は、1000円の買い物なら、わずか10円。

学生アルバイトさんや、パートの主婦も忙しい。時間の方が、10円より貴重。

誰も得する人が居なくなったシステムを、律儀に続けさせている。

 

◯どうしたら、こうなるか?

(A) チェーン店の本部は、47都道府県の進出で、アタマがいっぱい。

(B) 前任者を否定すると、その人物が取締役に出世していた場合、損を被ると懸念。

(C) 顧客は、10円のポイントを集めて喜んでいると、誤解。
(店員自身は、ポイント集めをしていない、と答える人も居るのですが)

 

◯どうしたら、ポイントガードをやめてもらえるか?

(a) 大手企業に意見書を郵送
(b) 新聞に投書
(c) Twitterで炎上させる
(d) Wikipediaに項目を作成。ポイント有り企業をディスり、無し企業を上げておく。

(e) クレカや電子決済にポイント機能を載せる
 全てのお店が対応すると、ただの割引になりますが。

現実感があるのは、(e)ですかね。
PayPayさん、頑張って〜/

 46 total views

コメントを残す