日本の街がゴチャゴチャしている理由 – 街に提灯を

日本の街って、ゴチャゴチャしていません?

 

◯以下の背景が

・ヨーロッパ ローマ コンクリート後も同様に
・日本    木造  高層ビル化で失われた

デザインのアラの取り方が、失われた。

 

◯ゴチャゴチャは何?

・森の果物
・客のアテンションを引くための、ネオン看板群

 

◯ゴチャゴチャの副作用

ノイズが少ない方が、アイデアが浮かび上がってくる。

果物性は、街の建築物より、個人の着る服で楽しめば、済む話。

果物を両手に抱えると、ヒトの前面はカラフルに。服は、色とりどりでも、大丈夫。

・最近のヨーロッパの服が黒尽くめなのは、アフリカ系移民との融和狙い。

肌が明るく見えつつ、古着も使いやすい。

でも、日本が真似する必要は、無いですね〜 (^_^)

 

◯ゴチャゴチャを減らす1案

色提灯を活用/

赤=居酒屋、バー
黄=食堂
緑=カフェ

どんなジャンルの店か、一目瞭然。
食堂を探すとき、ジャンルを探しますよね。

 43 total views

コメントを残す