腕で書く鉛筆 – LAMYの名盤スクリブル

「0秒思考」との相性バツグン/

A4コピー紙を横向きに置き、頭の中を、鉛筆で殴り書きしていく作法。

GTD (Get Things Done)や、タスクシュートみたいに、慣れると卒業するが、効果が身につく。

 

◯重量バランスが優秀

ゆで卵ほどの重さが、掌に馴染む。

シャーペンの先を指でコントロールするのではなく、腕の先の太い芯で直接書く感覚。

スクリブルには、シャーペンやボールペンもありますが、3mm芯ホルダーの一択ですね。

 

◯クリエイターにもおすすめ

細く削ると、細い線も。
芯の腹を使うと、カーボンを塗れる。

建築や、技術の設計のスケッチにも。
私は、絵心も無かったのに、動物の絵を描いたり。

掌に持つと、何か描いてみたくなる。
そんなチカラを持つ、素敵な製品です。

 

◯プレミアムでもお試し可能

今は、絶版のよう。

メルカリで3万円のプレミアム。

同じ値で転売すれば、送料相当で試せます。

一度、お試しを/

 45 total views

コメントを残す