日本語も、横書きの方が良い

役所に申請を出そうとしたところ、縦書きの便箋しか売っていない。

縦書きって、なんか湿っぽく感じられ、裏の白紙面を使う。

日本語は、どうして縦書きか?

 

◯まず、ユーラシアから見てみよう。

ヨーロッパやアラブは表意文字。
文字数が多くなる。

ヒトの目は左右についていて、
横書きの方が、一覧性が高い。

したがって、ヨーロッパとアラブは横書きとなる。

 

◯左から右、の理由

ヨーロッパが左から右に書くのは、筆を寝かせて滑らせるため。

筆が、左から右、を誘導したとも。

 

◯どうしてアラブは右から左なのか

もともと石碑は、刃で彫る。
彫刻刀を利き手に持つと、右から左に彫りますよね。

アラブは、砂の上にも書く。
キャラバンの交渉時など。
筆よりも、彫刻刀に近い、竹のペンの方が書きやすい。

気候も過酷。
羊を養う草地も稀少。
羊皮紙も高価になる。

これらが、筆の発明後も、右から左が残った理由。

ヨーロッパのギリシア文字のαにも、
右から書くアラブ性は、見られますね/

 

◯中国は、1行の一覧性の次の、複数行の一覧性を優先した

中国は、表意文字。
少ない文字数で1文が成り立つ。

木簡を横に広げ、複数行を一覧出来るように。
そのため、1行は縦書きとした。

 

◯日本語は、ヨコ書きの方が、良いのでは?

拝啓〜敬具、と書くと、文章が訴えがましくなってくる気が (^_^)

拝啓と敬具も、このフォーマットで挟めば、間は何書いてもよいよ、というエクスキューズだったのでは。

その成り立ちを忘れて、形だけ引き継いでいると、湿っぽくて仕方ねえや、となりますね。

 34 total views

コメントを残す