デフレの内訳とイタリアの伸び代

ツールドモンブラン8日目。
靴が崩壊間近に。新しい靴を買う。

オレンジ色も良かったが、足首のフィッティングから、ヌバックベースのこの靴に。3万円弱とリーズナブル。

◯デフレの内訳
日本は、6万円のゴアテントが消えて結露する品に置き換わったが、ヨーロッパは、革靴が2万円台で買えるように。

同じデフレと言っても、無印良品がSeriaに変わった日本と、ベネトンが安く買えるようになったイタリア。

人件費をカットするよりも、そもそも人手をかけないで済むような仕組みを、考えるようにしたいですね/

◯イタリアへの注文
戻ってこの靴。
足首の外側の、皮をつなげてほしい。

足をくじきそうになる時、外側に倒れる。
皮が上下につながっていると、突っ張ってそれ以上曲がらず、足首を守ってくれる。

歩きやすさは、前後に動けば充分なんですよね〜

浅草あたりで、皮をあててもらうか?

 54 total views

コメントを残す