スイスアルプス紀行

アルプスを旅してみたい。古都、アルプスの山々、峠道。ぎゅっと詰まった旅となった。

古都ベルン

チューリッヒから古都ベルンに向かう。
駅舎はモダンで街と良い対照。
 

チョコレート専門店、レダラッハ。
ワールドマスターズチョコレートで世界一とのこと。
様々な板チョコが山積みになっている。
たくさんあり過ぎて、どれを買おうか迷ってしまう。
 

石造りの街並み。
現代のコンクリートのビルディングに勝る建築が、いにしえの時代に作られていることに驚く。
 

大聖堂から街並みを望む。
 

見事なステンドグラス。
 

スイスアルプストレッキング

グリンデルヴァルトに到着。
 

この日はチーズフォンデュ。
  

メンリッヒェンまでロープウェーで登り、トレッキング。
9月下旬になると、もう薄く雪が積もっている。
 

クライネシャイデックから登山列車に乗る。
 

ユングフラウヨッホから望む氷河。
 

 

翌日。朝露の竜胆。
 

これぞアルプス、と呼びたくなるような光景。
 

 

スイス峠巡り

トレッキング後、2000m超の峠を4つ巡るドライブに出た。
インタラーケンでレンタカーを借りる。

スーステン峠のレストラン。標高2224m。
スープを頂くが、非常に塩辛い。
 

峠を越えると、イタリア文化圏。
食事がピザとパスタに変わる。
塩辛いのは、スイス流。
 

ヌフェネン峠。2478m。
 

フルカ峠。2436m。
氷河が迫る。
中に入るとひんやり。
 

グリムゼル峠の茶屋。2165m。
食べきれないほどのプレートが出てくる。
 

下界に降りてくる。
一週間の旅の終わり。

石造りのベルンの古都。
大氷河と緑の牧草地のアルプス。
峠一つ越えるだけで、ドイツ文化からイタリア文化に変わる道。
凝縮された旅だった。

ドライブする人は少ないかもしれませんが、スイスの国土を知ることができると思います。
車が好きな方に、おすすめです。