峠 – スイスアルプス 2000m級4峠 – 自転車ツーリング

峠。その言葉に、自転車乗りは引きつけられる。日本を越える峠を目指して、スイスアルプスを走った。

旅の軌跡

  • 1日目 インタラーケン ~ グリンデルヴァルト
  • 2日目 ~ マイリンゲン
  • 3日目 ~ グリムゼル峠 2165m
  • 4日目 ~ フルカ峠 2436m ~ アイロロ
  • 5日目 ~ ヌフネン峠 2478m ~ ウルリッヒェン -(列車)- ツェルマット
  • 6日目 トレッキング
  • 7日目 ~ シンプロン峠 2005m ~ イタリア

チューリッヒ空港から鉄道でインタラーケンへ。
ここから走り出す。
 

グリンデルヴァルトの村。
壁のようにそびえるヴェッターホルンを背に登る。
 

山あいの牧草地。
これぞアルプス、といった景色が続く。

グリンデルヴァルトからマイリンゲンへ。
Google Mapには表示されないが、実は道は通っています。
 

マイリンゲンにあるライヘンバッハの滝。
かのシャーロックホームズは、この滝に落ちて死んだ。
読者からの抗議がすさまじく、その後生き返らせたそうだが。
 

グリムゼル峠への登り。
標高差は1300mあるが、傾斜は緩く登りやすい。
石畳は一部分で、ロードレーサーでも問題なく走れます。
 

グリムゼル湖畔。
 

グリムゼル峠。
自転車ツーリング中の日本人2人組と出会う。
 

峠を越えると九十九折れ。
ここから400m下り、対岸の峠を700m登り返す。
いつもなら苦労を思うところだが、この景色を前にすると楽しみでいっぱいになる。
 

フルカ峠への途中で、氷河の中に入れる。
真夏にひとときの涼しさ。
 

フルカ峠 2436m。
日本の国道最高所は渋峠2172m、林道最高所は大弛峠2360m。
大弛峠を超えた!
 

峠を一つ越えると、スイスの中でもイタリア文化圏へ。
言語がドイツ語からイタリア語に。
宿の食事がソーセージからピザに変わる。
 

ヌフェネン峠 2478m。
今回のツーリングの最高所。
 

ツェルマットの街。
 

1日トレッキング。
モンテローザと氷河が眼前に広がる。
 

シンプロン峠。
イタリアへつながる道で、広くのびやか、自動車道の趣あり。
 

国境を越えイタリアへ。
スイスとはお別れ。

アルプスの壮大な山と牧草地。
峠一つ越えるだけで変わる言語と食文化。
宿をつなぎ、ロードレーサーにフロントバックとデイパック一つで旅ができる。
自転車好きの方に、おすすめです。