クングスレーデン トレッキング前日: Abisko

Abisko Turiststation駅に到着。ハイカー達は右手北側の道へ入っていく。その先にAbiskoのマウンテンステーションがある。西へ直進してもキャンプ場があるかのような標識があるが、こちらはぐるっと回って結局マウンテンステーションに戻ってくる。

今晩は、マウンテンステーションのキャンプ場に泊まる。1泊300SEK(3600円)するが、売店、電源、WiFi、温水シャワーが有る。山の雰囲気に慣れるためにも良いだろう。なお、Abisko Turiststationの3km手前の駅、Abisko駅にも地図上ではキャンプ場があるようだが、価格は不明。

7月中旬に旅したが、Abiskoは蚊が多かった。蚊よけ帽子があると重宝する。日本の蚊と異なり、刺されてもかゆくならないのが救い。2日目にAllesjaureを過ぎる頃から、樹林帯を越えて蚊自体が減ってきたのか、スウェーデン人のようにスルー出来るようになってきたのか、気になることが減っていった。

Abiskoマウンテンステーション: 電源・WiFi・シャワー・売店有り

 

クングスレーデンのまとめ情報はこちら。